コンシーラーのテクニックを知っておきましょう

メイクを軽いタッチで仕上げたいときは、ファンデーションにコンシーラーを少量混ぜると、小じわを隠すことができます。これは、オイリー肌の人に最適です。

ファンデーションを塗った後、コンシーラーでシミや欠点を隠します。

より自然な仕上がりにしたい場合は、ほのかな光沢のあるパウダーファンデーションを使用するとよいでしょう。パウダーを顔全体に塗るか、パウダーチークでシミをカバーします。

薄付きで肌なじみの良いパウダーファンデーションなら、自然な仕上がりになります。

 

より軽いタッチで仕上げたい場合は、ファンデーションにコンシーラーを少量混ぜると、小じわを隠すことができます。これは、オイリー肌の人におすすめです。

 

ファンデーションを塗ったら、シミや欠点を隠すためにコンシーラーを使います。

より自然な仕上がりにしたい場合は、ほのかな光沢のあるパウダーファンデーションを使用するとよいでしょう。パウダーを顔全体に塗るか、パウダーチークでシミをカバーします。

 

薄付きで肌なじみの良いパウダーファンデーションなら、自然な仕上がりになります。

コンシーラーを塗るには、通常のフルアイライナーのように塗るのが一番です。豆粒大のコンシーラーをまつ毛に塗った後、なじませます。

 

また、リキッドアイライナーが落ちにくい場合は、コンシーラーをリキッドアイライナーの代わりに使用することもできます。

少量のコンシーラーにファンデーションを少し多めに滲ませてから、リキッドアイライナーと同じ要領で塗ります。

このとき、ファンデーションが目に入らないように、軽くエアブラシで塗るようにしましょう。

 

さらに自然な仕上がりにしたい場合は、ほのかな光沢のあるパウダーファンデーションを使用します。顔全体にパウダーをのせたり、パウダーチークでシミをカバーしたりします。

 

薄付きで肌なじみのよいパウダーファンデーションなら、自然な仕上がりになります。

リキッドファンデーションでしたら、美容成分配合のものがおすすめです。

セレクタージュファンデーションの口コミ

こちらもぜひご参考になさってみて下さい。

健康的で爽やかな印象のメイクを目指すなら、自然でナチュラルな印象のメイクがおすすめです。チークの色合いを混ぜてみたり、淡いピンクのチークを使ってポップな印象に仕上げてみましょう。

チークの最適な塗り方は、通常のフルアイライナーとしてです。チークを豆粒大に下まつ毛の生え際に塗り、なじませる。

 

また、リキッドアイライナーが落ちにくい場合は、チークをリキッドアイライナーの代わりに使用することもできます。少量多めにチークを滲ませてから、リキッドアイライナーと同じ要領で塗ります。